不振の明治を救うスーパールーキー城東コンビ。富岡俊平と瀧口大翔から目を離すな。

Pocket

 

終盤まで優勝戦線を引っ張った去年と比べて厳しい戦いを強いられている今季の明治大学。明治が敗れれば優勝が絶望的になるという8月11日の大一番で、同じ高校からやってきたルーキー2人が揃って先発出場を果たした。富岡俊平と瀧口大翔。最強都立・城東出身コンビはそれぞれ好守に躍動し、明治は見事に首の皮一枚残すことに成功した。

“ミレニアム世代”の大暴れで因縁の立教にリベンジ成功!両者譲らず命運は第3戦へ | 明治×立教 二回戦

 

華麗な守備を買われ全試合に出場している富岡と、デビュー戦最初の3打席で3安打を放った瀧口。下町の強豪からやってきた彼らを救世主と呼ばずになんと呼ぶのか。

左:富岡俊平  右:瀧口大翔

 

次ページ:一年前は城東のレギュラー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です