MVPは昨季のベストナイン!波乱の開幕戦は立教が打ち勝つ

Pocket

  初回、立教は四死球でチャンスを作り先制、続く7番大野(杉並学院)のタイムリーなどで4点を挙げる。3点差とされた直後の6回に2番廣田(市ヶ尾)の犠牲フライ、3番水町(福井商業)のタイムリーにより再び5点差に広げる。その後8回にも4点を加え、初回から終始リードを保った立教が両軍合わせて14安打の乱打戦を制した。敗れた東大は5回裏に4番細田(立川国際中等)のタイムリーなどで3点差まで追いすがるも、途中登板の立教エース野口(川越東)を打ち崩せず。

  水町はこの試合ランニングホームランを含む3打数2安打5打点の活躍で最優秀選手に選ばれた。

好リリーフをみせた立教のエース・野口(川越東)

文:加賀谷千絵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です