「今年は選手全員の意識が大きく違う」 東大・小林幹也主将(東海)| 慶應―東大 1回戦

Pocket

 

◇慶應義塾9-4東京

29日・ダイワハウススタジアム八王子

東大を引っ張る小林幹也主将(東海)

 

 

 

終盤に突き放されたが、スコア上は慶應相手に互角に戦えていた時間も長かった。グランドに立っていた実感は。

序盤は先発の力投で抑えることができましたが、中盤からやはり地力の差を感じました。しかしこのメンバーで十分戦えるという自信にはなりましたし、これから練習で細かい所を詰めれば十分勝利も見えてくると思えました。

 

 

今年の東大の可能性が見える試合だった。今後に向けてコメントをお願いします。

選手全員の意識が例年とは大きく違うのは間違いないです。今年こそ一矢報いて、東大がこのリーグを盛り上げていきたいと思います!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です