[リコタイ2019リーグ戦 優勝のゆくえ] 慶應と早稲田の一騎打ち、慶應は次戦にも4年ぶりV 

Pocket

 

 

 

開幕から怒涛の7連勝で優勝戦線を引っ張ってきた慶應に栄光の瞬間が近づいている。立教2回戦に敗れて連勝は止まったものの、敗戦を引きずることなく次戦に勝利し優勝まであと1勝のところまでたどり着いた。 

 [関連記事]

  

残る対戦カードは慶應ー立教、慶應―早稲田のみ。慶應は11月10日の早慶戦に勝利し勝点を4まで伸ばすとこの時点で優勝が決まる。仮にこの試合に敗れた場合は、優勝のゆくえは以下の表のようになる。

  

11月16日の立教戦の結果に関わらずシーズン最終戦の早慶戦に勝利すれば文句なしの優勝だが、仮に連敗した場合は早稲田がリーグ4連覇を達成することになる。また、立教戦○早稲田戦●の場合は早慶が勝点4の9勝3敗で並び、1試合の優勝決定戦が行われる。

慶應は4年前も無敗で首位戦線を突き進んでいた終盤戦に初黒星を喫したが、そのまま勢いを落とさずに優勝を飾った過去がある。しかしその後の3年間はライバル早稲田の覇権を突き崩すことができなかった。意地と意地とぶつかり合うリーグ戦のクライマックス、最後に笑うのはどちらか。

 

【リコタイ六大学野球リーグ戦・今後の日程】 

11月10日(日) 17:45開始 慶應ー早稲田 サーティーフォー保土ケ谷球場 
11月16日(土) 17:45開始 慶應ー立教 瀬谷本郷公園野球場
※11月23日(土) 17:45開始 早稲田―慶應 瀬谷本郷公園野球場 
※※11月27日(水) 17:45開始 慶應ー早稲田 俣野公園横浜薬大スタジアム

※早稲田が慶應2回戦に勝利した場合のみ開催 
※※早慶が並んだ場合の優勝決定戦

 

文:小池颯

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です