どん底からの勝利を目指して!!注目選手インタビュー|東京大学編

Pocket

2021シーズン注目選手インタビュー第5弾は、東京大学。昨年はなかなか勝てず、選手の人数の確保が心配されていた。しかし今年に入ってからは一年生から三年生まで幅広く、新たな選手が増えて徐々に力を蓄え続けている。そんな中、東大の勝利を前進させるであろう新メンバーの二人、「堅実な守備と選球眼」が持ち味の村山と「安定した打者」の高橋に話を聞いた。

#0 村山透滉(3年・白陵)

高校時代の村山

ーーはじめは軟式野球サークルに入っていたと思うのですが、今年から入部したということで、硬式野球を再開しようと思ったきっかけはなんですか?

後輩の前嶋(1年)に誘われたのがきっかけかな。もともと去年からリコタイを知ってはいたけれど、予定が合わず行けなくて…。でも、3年になって硬式野球がやりたくなったのと重なって、行ってみたらすごく楽しかったので入りました!

ーー今年から入ったのにも関わらず、注目選手に選ばれたということで…、ズバリ自分の強みは何だと思いますか?

走攻守全てだと思います。
初めて練習に行った日、全部ショートに飛んできたので捌いたら「守備うまいキャラだ」という風に扱われたけこともあったけれど(笑)
実際は、バッティングのほうが得意かな。

ーーたしかに、見ていてもかなり打っている印象があります。バッティングが得意ということは、やはり意識していることや練習していることはあるのでしょうか

意識していることは、基本的には、ストレート待ちの変化球対応って感じかな。ストレートを待ってるんだけど、変化球が来たら思い切って振る感じ。後は、初球から難しい球が来たら、打たないように気を付けてますね。結構後から後悔するので…。試合ではあまり考えず感覚で打っているけれど、練習ではコースに逆らわないようにしてますね。イメージとしては、基本に忠実なバッティングになるよう心がけてます!

ーーありがとうございます。村山さんが来てくれたこと、すごく心強いです!
それでは、今年頑張りたいことはありますか?

難しいと思うけど…打撃タイトルを何かしら取りたいかな。
最近は、そのために筋トレは頑張ってます。一年半前からトレーニングをやってて、すごく変わった感覚はないけど…変わってるといいな(笑)

ーーだ…打撃タイトル!!全力で応援させて頂きます。実は私も、筋トレといえば村山さんという印象を個人的に持っています(笑)
最後に、村山さんから見た東大のチームの印象や雰囲気等を教えてください。

難しいな…。でも、戦力的にアップした気がしますね。最近入ったくせに何言ってんねんやろ(笑)
まだ他大学と試合してないから何とも言えないけど、いいポテンシャルを持っていると思うかな。それでも他大に比べたら、まだまだなんですけどね…。でも、色々な部員が入ってきて、選手も好調だと思います!

ーーそうですね。去年と比較してもチーム全体がどんどんレベルアップしているので、リーグ戦、いい結果を迎えたいですね!
これからよろしくお願いします!

次ページ: 高橋優介(2年・サレジオ学院)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です